fc2ブログ
宙のまにまに 第4話 「夜明けまで」
2009 / 08 / 02 ( Sun )
姫ちゃんが頑張っているのはわかりますけど、すでにいっぱいいっぱいですね。今回は天文部合宿のお話です。



冒頭の美星の「あっついねー」が良かったですね。下級生の教室で外を眺めながら言う台詞ではありませんけど。年増先輩の牙城が全く崩せない姫は、すでにテンパり気味です。友達にいいように弄られている姿がかわいいですね。

夏といえば合宿です。天文部も行くようです。朔の言うように合宿って運動部のイメージがありますよね。無事申請は通るのでしょうか。部長と小夜が部会に行くのについて行きたそうな美星が面白いですね。朔はよく止めました。

残されたのは美星と朔と姫の3人。姫が「こころ」を読んでいるのが何か狙っているのかと思いましたが、朔も一緒でしたね。
朔にべたべたくっついている美星がなにやらごそごそとやっているかと思えば、合宿グッズを取ろうとしていました。頭に箱が落下した姫が気の毒です。
めげない姫は美星の隙を突いて朔に話しかけますが、あっさり邪魔されてしまいます。これで彼女の怒りは頂点へ。朔を振り回している美星に朔をどう思っているか聞いてしまいます。美星の答えは「大好き」。きれいな笑顔で言い切りましたね。戸惑う朔がかわいいです。後に部長とか小夜とか姫をくっつけたのは、彼女自身が気付いていないのか、それとも配慮なのかよくわかりませんね。

気まずい雰囲気の中での朗報は救いなのでしょうか。合宿決定です。また江戸川がついてきているのが面白いですね。車中で彼に写真を撮られているときの小夜が妙にきれいですね。
合宿はとある東北の湖畔でした。しかも文芸部と一緒。文芸部こそ合宿して何やるのって感じですね。しかし、実績があるらしい文芸部は立派な施設で、天文部はほとんど廃墟でした。それでもめげない美星があっという間にきれいにしてしまうシーンが良かったですね。

普通のお話だとここで遊ぶところなのですが、この作品は違います。星を見るため夜まで寝ます。江戸川一人で遊んでいるのが面白いですね。
夜になって朔が目覚めると誰もいません。外に出ると小さいころのままの美星の姿が見えました。行ってみると、そこにはずらっと並んだロウソクの灯り。きれいなシーンですね。
江戸川は写真部が役に立つところを見せますが、やはりちょっと何か違いますね。昼間遊びすぎですし。

夕食も終わりいよいよ本番です。湖に出ると天の川が広がっていました。ここも凄くきれいですね。都会とは違った暗い夜に見る星は格別なのでしょうね。
そんな光景を見て、姫は合宿を楽しもうと決意して、朔に謝りに行きます。こういうところはいい子なのですが、敗北宣言にも見えますね。次回もめげずに頑張ってくれるでしょうけど。朔はまたまた詩人のように語っています。

星を見た後の夜明けっていいですね。合宿所に帰って寝ている天文部のところへフーミンがやって来て……

なんだかひと騒動ありそうです。

関連記事
スポンサーサイト



23 : 15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<咲 -Saki- 第18局 「繋がり」 | ホーム | しゅごキャラ!!どきっ 第94話 「進め!みけねこ捜索隊!?」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/613-72e6fb16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |