fc2ブログ
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第40話 「フラスコの中の小人(ホムンクルス)」
2010 / 01 / 17 ( Sun )
共通テーマ:
アニメ2期「鋼の錬金術師FA」 テーマに参加中!
原作でも好きな部分のお話でウキウキしてみていました。今回は密度の濃いお話ですね。冒頭のマスタングとオリヴィエのやり取りが好きです。



オリヴィエはレイブン中将の件でセントラルへ出頭です。彼女の味方は多くはなさそうですね。
廊下でマスタングとすれ違うときの会話が面白いです。剣呑な雰囲気を漂わせながら、裏で協力している感じがいいですね。さりげなく花屋のことを話すマスタングがいいです。それでいて表に出ている言葉もある意味本音なのが上手いです。
大総統の詰問に開き直って答えるオリヴィエが格好良かったです。

マスタングは食堂でリザと一緒になりました。ここも原作では秀逸だったシーンです。2人が世間話に見せかけて暗号のやり取りをしているのがいいです。セリム・ブラッドレイはホムンクルス。こんな長い縦読みを考えるところがさすがリザという感じです。

若き日のホーエンハイム。どことなくエドに似ていますね。身長は違いますけど。彼は錬金術師に仕える奴隷でした。彼の血によって生まれたのがフラスコの中の小人。
フラスコの中の小人はホーエンハイムに知識と名前を授けます。ただそれだけで主人の信頼や生活の向上が図れるとは限りませんので、ホーエンハイムにそういう運や才覚はあったのでしょうね。

フラスコの中の小人の望みはフラスコから出ることのようなのですが…。

アイキャッチは若いホーエンハイムとフラスコの中の小人。

クセルクセス王はフラスコの中の小人に不老不死の法を求めます。灌漑水路建設と偽って血の紋を刻ませるのが怖いですね。練成陣が完成していよいよ国王が不老不死にというところですが、これは当然罠でした。フラスコの中の小人がフラスコの外に出るための謀略だったのです。その代償は1国すべての命。残酷な話ですね。
ホーエンハイムは名と知識と生活のほかに朽ちぬ体を彼から与えられました。フラスコの中の小人すなわちお父様に。滅んだ国を前にしたホーエンハイムがかわいそうでした。

そして現在。ホーエンハイムはイズミと出会います。咳き込む彼女の体を見た彼はシグを遠ざけて、彼女から話を聞きます。彼の手が彼女の腹部に突き刺さるシーンは結果を知っていないと驚きますよね。戻ってきたシグは凄い剣幕で怒っていましたし。

ホーエンハイムの秘密が明かされました。

Cパートでやっとエド登場です。賢者の石は様々という話です。ホーエンハイムの話の後にこれが出ると非常に分かりやすいですね。

フラスコの中の小人のことがメインではありましたが、その前に描かれたセントラルの動向も見応えありましたよね。面白かったです。
関連記事
スポンサーサイト



23 : 51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<花咲ける青少年 第35話 千年の幕開け | ホーム | 天体戦士サンレッド FIGHT.42(2期第16話)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/63-7c98947e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |