fc2ブログ
狼と香辛料2 第三幕 「狼と埋まらない溝」
2009 / 07 / 23 ( Thu )
小さな亀裂が大きな溝になってしまいました。ロレンスにしてもホロのためにやったことなんでしょうが、こうなると溝は深まるばかりです。



アマーティが大胆すぎますね。いきなりロレンスにホロの借金の肩代わりとその後の彼女との婚姻を申し込みます。彼が誤解したままなのが気の毒ですが、こういうのっていいですね。商人らしくロレンスに契約を申し込むところが面白いです。
ロレンスもこれまた商人的センスと見栄でそれを受けていまうのが何となく嫌な感じでした。ホロが後で彼に言った中にもありましたが、青臭くても契約書を破るとかホロを思う姿勢を見せて欲しいですよね。
ホロとしてはロレンスの行動は面白くないはずなのに受け入れているのは、彼への信頼からでしょうか。

ロレンスがアマーティの行動を商売のチャンスとしか見ていないのが、商人らしいとは思いますが、それでいいのかなあと心配してしまいます。ホロに対しては余裕というより自惚れに見えますね。

その辺の不安は後半で的中していまいます。ホロが嫌がったということもありますが、ロレンスはディアナからの手紙を置いたまま、マルクのところへ行ってしまいます。
アマーティがほぼ資金調達の目途が立ち、さらには儲け話の臭いがすれば放って置けませんからね。黄鉄鉱の話は、現実のなんとか石みたいで面白かったですね。
ロレンスが宿に戻ったときは手遅れです。ホロがディアナの手紙を読んだ後でした。文字が読めなかったというのは…。彼女は故郷がすでにないことを知って悲しみに暮れます。彼は慰めようと声をかけますが、もう手遅れです。だんだんと2人に生じた亀裂は大きく修復不可能なくらい大きくなっていきます。
ホロが自分がひとりになってしまったのを知り抱いてくりゃれと言ったり、ロレンスはヨイツが始めから無いのを知っていて彼女を笑いものにしている思ったりするのがかわいそうでした。
関連記事
スポンサーサイト



07 : 57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アニメ視聴予定(2009/3Q) | ホーム | 青い花 第4話 「青春は美わし」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/645-3e379102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |