fc2ブログ
戦場のヴァルキュリア 第16章「語られなかった想い」
2009 / 07 / 19 ( Sun )
 イサラが良かったですね。ラマールをからかうところは面白いですし、ウェルキンを心配して励まそうとしているところはいい妹ですし。


 ファウゼン失陥で帝国軍というよりマクシミリアンがピンチなようです。カールはマクシミリアンとセルベリアの関係が気になるようですね。イェーガーはそう単純な関係じゃないと彼に語るのですが、その後のシーンを見ると…。
 普通に見たまんまの関係に見えますね。少女なセルベリアがかわいいですけど、マクシミリアンがそのままなのが気になります。

 第7小隊は変な雰囲気です。ラルゴが心配してウェルキンに声をかけるのがいいですね。もう彼が隊長でいいような気がします。ウェルキンは腑抜けすぎますね。
 そんな彼をラルゴは風呂に誘います。裸の付き合いということですね。ラルゴはウェルキンのためにある新兵の話を始めるのですが…。
 ラルゴの若いときのお話ですね。彼は先の大戦からいるのですね。ラルゴとその親友、そしてバーロット。まるっきり今のウェルキンたちのようです。
 ラルゴがふと口にしたエレノアという名前で、自分のことだとバレてしまうのがいいですね。全身真っ赤になっているラルゴが面白いです。

 イサラは何処かへ出かけるようです。ゲートを通った彼女をラマールが待っていました。車で送るそうです。そんな彼に必要性はないと拒否したかに見えるイサラですが…。ツンデレというか、明らかにラマールの気持ちを分かって行動していますね。2人のやりとりが今回一番面白かったです。
 街に出た2人は普通にデートっぽかったですね。ちょっとウザい子だったラマールの成長振りに驚かされます。イサラが大量に買い込んでいるのはウェルキンを励ますためだそうです。いい妹ですね。

 アリシアは、ずっと悶々としていました。このままでは駄目だとウェルキンに直談判に行くことに。彼を呼び出して気持ちを確かめようとします。一旦はいい雰囲気になって、アリシアの凄くかわいい表情も見られたのですが、ウェルキンは朴念仁すぎます。いい仲間というぐらいならアリシアもどうにか折り合いをつけてくれそうだったのですが、ファルディオをここで持ち出すのは最低ですね。結局は喧嘩別れです。ラルゴの話が全く生かされていないのが気の毒です。

 落ち込んで部屋に帰ったウェルキンを暖かく迎えるイサラ。こういうとき家族に逃げるとまた事態が進まなくなるのですが、ウェルキンは大丈夫なんでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



10 : 49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<暗号 | ホーム | よくわかる現代魔法 第2話 wizardry>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/658-8fc302d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |