fc2ブログ
Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第16話 告白
2009 / 07 / 18 ( Sat )
 キャルは今回もかわいかったですね。猫耳メイドキャップは破壊力抜群です。


 いよいよギュゼッペ(サイス)が本格的に動き始めました。彼とクロウディアとの陰謀合戦に期待が高まりますね。

 アインが梧桐たちを撃たなかったのはそれで十分だったから。インフェルノに火種を撒くことがサイスの目的です。この場を収めるためにクロウディアがどう動くか分かった上でそれを楽しむ余裕があるのが怖いですね。サイスの反撃開始というところでしょうか。

 クロウディアがあっさりワイズメルを撃ったところは驚きました。状況を利用して彼の失脚を図ろうとしていることは明白だったのですが、予想外に自然に手早く済ましてしまうのでそれでいいのかなと思ってしまいました。
 いつもなら狡猾で緻密な計略を立てるクロウディアが今回ばかりは与えられた餌に飛びついたようにしか見えません。

 レイジはアインの存在を感じているので、クロウディアの行動に疑問を感じています。それを押し止めるリズィが何だかまたいい人でしたね。彼は、アインの影を払拭するため、この件を終わらせることにします。

 キャルの敵討ちもこれで終わりです。レイジのところにいる理由が無くなった彼女を上手く残すところがいいですね。何だかキャルは幼な妻という感じで健気でいいです。
 しかし、レイジはやはりキャルには自分のようになって欲しくないという思いがあります。キャルとしてレイジといるために彼に近づこうとします。
 結局のところレイジはキャルに説得されたようなものなのでしょうか。もともと彼の方としても手放し難かったのでしょう。キャルの告白を受け入れてしまいます。
 キャルの方がレイジの側に行くのではなく、レイジがキャルの側に戻るというのがいいですね。これなら2人共上手く行くはずですから…。

 ただ、そう上手くいくものではありません。サイスは志賀と接触してファントム、そしてクロウディアを陥れる策謀をめぐらせていました。
 脅されたリズィの言葉に騙され、彼女の元に向かうレイジが別れ際に残していった言葉ややり取りがどう見ても死亡フラグにしか見えないのが不安ですね。
関連記事
スポンサーサイト



09 : 33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Pandora Hearts 第16話 「英雄と少年」 | ホーム | 大正野球娘。 第3話 「娘九つの場を占めて」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/664-4e0115b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |