fc2ブログ
Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第15話 再会
2009 / 07 / 11 ( Sat )
 レイジがイケメンホストすぎ…。キャルが物欲しそうに見ていた銀時計をさりげなく買っていたのが格好良かったです。


 室戸暗殺ですら自分の野望に利用しようとするクロウディアはやはり恐ろしい人ですね。梧桐たちに詰め寄られても平然としているのがいいですね。ただ、レイジの言うようにいつまでも餌として使い続けると失敗しそうな気もするのですが、彼女に限ってはその辺もちゃんと計算していそうですね。

 部下が次々にやられても梧桐はクロウディアはシロだと感じているそうです。志賀の方は彼女にも疑いの目を向けているようですが、彼にそういわれれば従わざるを得ませんね。ただ、梧桐がクロウディアの潔白を感じた根拠というのが、自分と同じものを見ているとかあいまいなものなのが納得いきませんね。前回寝たからというのが理由としか思えない希薄な根拠ですから。それにしてもバックで流れる音楽が作品の雰囲気とかけ離れていて面白いですね。梧桐と志賀のやり取りも任侠道といった感じに見えてきますし。

 クロウディアは落とし前としてカウンタースナイプの実行をレイジに命じます。梧桐組のインフェルノ加入交渉のときに現れるであろうスナイパーを逆に討ち取るということです。

 レイジはこの難題に上手くキャルを関わらせて、ジュディの敵討ちにすり替えていくのが凄いですね。実際、彼女の敵討ちなのは事実ですが、自発的に関与するように仕向けているように見えます。
 狙撃ポイントの選定作業に計画段階から関わらせ、実際に現地に同行させたのは、実行段階でも十分サポートできるようにしたということなのでしょうね。
 彼がそうした理由は、キャルへに対する優しさももちろんありますが、彼女の才能を見たいというのと、室戸殺害からずっと脳裏を過ぎっているエレンの生存の可能性に対処するためというのもあるのかも知れません。もっとも実際は単純なことかも知れませんけど。

 作戦実行のときにエレンの関与を疑い、レイジが冷静さを失うところがいいですね。ファントムの称号を得ても最早ツヴァイではないという感じがします。エレンへの想いの深さも感じられますしね。ランディー・ウェーバーと打ち合ったのは失敗ですが、ちゃんとしとめているのが格好いいです。レイジが撃たれたと心配するキャルがかわいいですね。
 ただ、ワイズメルが本当に関わっているとは思っていませんでした。クロウディアが状況を利用しているだけかと思っていましたので。

 これで一安心かと思われましたが、更なる狙撃が起こります。

 再会とあるのでエレンと何処かで鉢合わせるのかと思っていたら、技量でその存在を確信するという感じのオチでした。こういうのは何だか格好いいですね。エレンの技にはさらに磨きがかかっているように見えますね。
関連記事
スポンサーサイト



08 : 48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Pandora Hearts 第15話 「誰がための言葉」 | ホーム | 大正野球娘。 第2話 「春の長日を恋ひ暮らし」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/685-d954f697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |